2017年11月14日

見えないドーピング

214 :氷上の名無しさん@実況厳禁:2017/11/14(火) 12:58:36.16 .net
というかロシアは平昌参加できるんだろうか…


215 :氷上の名無しさん@実況厳禁:2017/11/14(火) 13:05:33.03 .net
>>214
冬季オリンピックからロシアを締め出したらオリンピックの格と規模が下がるんじゃない?
競技人数は冬季オリンピックスポーツの中でスケートってアイスホッケーの次に多いしさ
アイスホッケーは既にアメリカが断ってるんでしょ
失敗したオリンピックイメージになりそう


223 :氷上の名無しさん@実況厳禁:2017/11/14(火) 16:33:20.86 .net
>>215
そういう問題もあるけどドーピング問題をうやむやにしたまま
簡単に参加を認めちゃったら他の国に示しがつかないって事じゃないの
落としどころを見つけるとは思うけどどうなるか


224 :氷上の名無しさん@実況厳禁:2017/11/14(火) 16:35:03.91 .net
>>223
そういうのは他のスポーツやればいいじゃんフィギュアに関係ないし


226 :氷上の名無しさん@実況厳禁:2017/11/14(火) 17:08:21.94 .net
>>224
ソチ出場のロシアのアイスダンスのカップルがドーピング違反で
出場停止になったから無関係でもない


228 :氷上の名無しさん@実況厳禁:2017/11/14(火) 17:35:38.32 .net
リーザも昔使ってたんだっけ


227 :氷上の名無しさん@実況厳禁:2017/11/14(火) 17:31:04.83 .net
成長ホルモン剤使っている人がいるみたいだけどドーピングと同じ効果あるのに引っ掛からないっておかしくない?




引用元 2ch.sc

関連記事
今も続くロシアとドーピング問題。平昌五輪出場への“折衷案”とは。
フィギュアにもドーピングはあるの!?五輪スキャンダルで揺れるロシア。
アイスダンスの金メダリストにも薬物疑惑
Елизавета Туктамышева: ≪Раньше я тоже принимала милдронат≫
“見えない”ドーピング 攻防の最前線
ドーピングには実際どの程度の効果があるのか 成長ホルモン、ステロイド、自己血輸血の場合

posted by お加代 at 18:55| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。